協賛サイトさま
出会い系サイト評価

2018年09月09日

怖い「夏の血栓」(1)

摩訶不思議な出合い系諸現象


怖い「夏の血栓」(1)

突然死との出合い系魔縁も。

予報系サイトによると、観測史上最も暑かった昨年に続き、今年も猛烈な暑さとの出合いが予想されているという。
★新垣結衣子の英語翻訳 >>>
I say that an encounter with the furious heat is also expected this year following last year when it was hottest for record according to the forecast system site.


この夏一番の暑さとなった7月8日には525人が熱中症で搬送されていることから分かるように、サウナのような「酷暑」が容赦なく日本列島を包もうとしている。

 酷暑の季節といえば、真っ先に思い浮かぶのは熱中症との出合いだろう。

高齢者の場合、温度の感覚が鈍くなっているため、外で倒れる例だけでなくクーラーをつけないまま部屋で亡くなるケースも問題になっている。
★新垣結衣子の英語翻訳 >>>
The case of which they die in the room without turning on the air-conditioner as well as the example which collapses outside are also a problem because a sense of the temperature becomes dull in case of a senior citizen.

 ところが、熱中症と比べて見過ごされがちな病気が身近にあることをご存じだろうか。
それが、夏に特有の脳梗塞や肺血栓塞栓症(そくせんしょう)、そして心筋梗塞との出合いだ。
最近では、これらは総称して「夏血栓」と呼ばれているが、従来の病気とどう違うのだろうか。
まずは夏に発症する脳梗塞の特徴から説明してゆこう。


「夏血栓」に要注意〜脳梗塞は夏に多い
 国立循環器病研究サイトの統計によると、脳梗塞との出合いは夏(6、7、8月)に罹る患者が最も多い。
血管が破れる脳出血が冬場に多発するのとは対照的だ。

「脳梗塞が夏に増えるのは理由があるのです」
★新垣結衣子の英語翻訳 >>>
"It's well-founded that cerebral infarction increases in summer."

とは秋津医院の秋津壽男院長である。

「猛暑が続くと身体は熱を放出するために血管を広げるのです。
すると、血圧が落ちて血流が鈍くなってくる。
さらに大量の汗をかくことで水分が体外に逃げ、血液が濃くなってしまうのです。
ドロドロになった血液の中では血の塊(血栓)が作られやすくなり、それが脳血管で詰まってしまう。
これが夏の脳梗塞の原因です」

big jyokki.jpg



 それならビヤホール系で大ジョッキをぐっとあおれば水分補給になる、と思ったら大間違い。
ビール系には利尿作用があって逆に水分を外に連れ出してしまうのだ。
★新垣結衣子の英語翻訳 >>>
In that case by the beerhouse system, a large-sized mug, much, if I think it'll be water supplement when inciting, big mistake.
A diuresis action goes well with beer a system, and water is taken out in outside reversely.

 気を付けなくてはならないのは、夏の脳梗塞が一見、健康な人でも罹りやすいという点だ。

 たとえば60キロの体重の人なら体内の血液の量は4〜5リットル。
外気が暑くなってくると、汗などで500ミリリットルほどの水分ならすぐに体から出てしまう。

そのため、血液は1割以上濃くなってしまうのだ。

「血栓はコレステロールが多い人や血液が濃い真性多血症の人に出来やすいのですが、そうでない人も血栓が作られやすくなってしまうのです」(秋津院長)
★新垣結衣子の英語翻訳>>>
"A person and blood with a lot of cholesterol tend to be done for a person with thick genuine plethora for a thrombus, the person who isn't so becomes easy for a thrombus to be made, too." (Akitsu director)


熱中症か脳梗塞か



 さらに、夏の脳梗塞系がやっかいなのは、熱中症系と間違えられやすいことである。
暑いなか、急にしゃがみ込んだり、倒れる人がいたら、日陰で休ませたり、水分補給など、熱中症の応急処置を取るものだ。
ところが、脳梗塞との出合いでそれをやってしまうと手遅れになってしまう。

 長年、脳梗塞患者を診てきた米山医院の米山公啓医師によると、

「熱中症か脳梗塞か分からない場合、一番簡単な見分け方として『ドロップハンド法』があります。
脳梗塞は身体の左右どちらかに症状が出ますから、動きが違ってくる。
やり方は寝ている状態で両方の腕を持ち上げ、ぱっと放す。
どちらかの腕が先にパタンと速く落ちると、脳梗塞の可能性が高い。
そうなったら一刻も早く救急車に乗せるべきです」


Presented from 摩訶不思議な出合い系諸現象

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
posted by 新垣結衣子 at 07:36| Comment(0) | 新垣結衣子の英語翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: